鮎のはなし

鮎(あゆ)とはどんな魚
 アジアの東部太平洋岸一体の河川に生息する“鮎”は川で生まれ……秋になると海に下り……冬の間中河口域で過ごし……翌年の春先に体長約5〜7cmになると一斉に上流を目指して遡上します。その中でもここ那珂川は天然遡上の多い河川として知られています。鮎独特のスイカやキュウリのような香りがすることから“香魚(あゆ)”とも呼ばれています。稚鮎の時期には集団で過ごし、プランクトンや虫などを食べていますが、成長するにつれそれぞれが川の石廻りに「縄張り(えさ場)」を持つようになり、石についた苔類などを食べるようになります。鮎9月になると30cmを超えるまでに成長した“尺アユ”というものも稀に見られますが、一般的には25cm前後で成長が止まり、9月末頃から産卵のために下り始め、体も婚因色(黒色)に変化していきます。産卵を終えた鮎は体力を失い、雨後の増水などにより下流に流されてゆく“落ちアユ”となり、やがて短い鮎の一生を終えることになります。
鮎の釣法(友釣り)
 鮎釣りは色々な釣り方がありますが、“友釣り”という釣り方で釣るのが一般的です。糸先につけた“オトリ鮎”を縄張りを持つ野鮎の縄張り内に進入させ、縄張りを守るためオトリを攻撃してきた野鮎を掛け針で引っかけて釣り上げるのが“友釣り”です。


「落ち鮎(おちあゆ)」とは
 鮎は産卵の時期になると、海に下る習性があるため、9月の下旬ごろになってくると、大雨等で水かさが上がるころを見計らって、一斉に海へ向かって泳ぎ出します。この時期の鮎を”落ち鮎”と呼んでいます。夏に比べ脂は落ちてしまいますが、卵や白子を持つので、違った食感と香りがあります。
「簗(やな)」とは
 「簗(やな)」とは、川の流れを一部X字型にせき止め、て流れを一ヶ所に集中させる事で急流を生み、流れの速さに負けて大きな青竹の上に細く割った竹などで編んだ簾を設けて落ちてくる鮎や鰻を捕る漁法です。
那珂川にかけられたやなは、全国的にも有名で夏の風物詩となっています。 
※簗敷設許可及び天候の都合により、簗完成は7月中旬ごろ完成予定〜10月31日まで設置します。
黒羽観光簗にあがった歴代の大物落鮎の魚拓

鮎のはなし

那珂川